再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

亡くなった伴侶の誕生日

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

伴侶と死別した方同士で恋愛されている男性の方から、亡くなった伴侶の誕生日について下記のようなメッセージをいただきました。

 

 

 

今月、私の亡き妻の誕生日がありました。

 妻が好きだった苺のショートケーキを仏壇に供え、 いつまでも歳を取らない妻の遺影に「誕生日おめでとう」 と語りかけました。 亡くなってからもずっと妻の誕生日は祝っています。

 


先日のこと、彼女と話している時に「 昨日はご主人の誕生日だったね。」と私が話しかけると、 彼女はハッとして「そうだ、主人の誕生日だったんだ・・・ どうしよう・・・すっかり忘れてしまっていた・・・ 今まで忘れたことなんかなかったのに・・・」と動揺し、 彼女は無言になってしまいました。

 亡くなった伴侶の誕生日を失念してしまったことにショックを受けている彼女。

 私がご主人の誕生日を記憶していたのは、 私の妻と彼女のご主人の誕生日が1週間違うだけだったからなので す。

 


 亡くなった伴侶の誕生日、結婚記念日のような様々な記念日は、 自分の心の中で思い出せばいいのであって、 敢えて触れる必要はないのに、 私は余計なことを話してしまったなぁと反省しました。

 

 

 

という内容です。

 

 

メッセージをくださった方は、彼女に余計なことを言ってしまったと反省していると書いてくださいましたが、亡くなった伴侶が生まれた日をお祝いする気持ちを持ち続けることのできる、心の温かい方だからこそなのだと思います。

 

 

一方で、この方がおつきあいされている女性が、亡くなったご主人の誕生日を忘れてしまってショックを受けていたということですが、うっかり忘れてしまうというのは、ある意味でいうと、彼女が少しずつ前に進んでいるともとれるのではないかと思いました。

 

 

前に進めるのは、メッセージをくださった男性がいてくれるということが大きいと思います。

 

 

ちなみに私の場合、亡くなった夫の誕生日を祝うことは今はありません。

 

 

今の夫と結婚した直後くらいまでは時々前の夫のことについて話すことはありましたが、今は前の夫のことを話題にすることもほとんどなくなりました。

 

 

夫は初婚だということもあるのだと思いますが、夫が以前につきあっていた彼女のことを話題にしないのと似た感覚かもしれません。誤解を恐れず言うと、私は自分が前の伴侶と死別したことを、なかったことのようにして夫と暮らしていると言えるのかもしれません。

 

 

そう考えると、メッセージをくださった方のような、伴侶と死別した者同士の恋愛というのは、そうでない場合とは全く違った葛藤があるのだと思います。

 

 

メッセージをくださった方も、おつき合いされている女性も、反省したり落ち込んだりしながらも、お互いの前の伴侶に対する気持ちを尊重しあいながらおつきあいを続けられているのは本当にすごいことだと思います。

 

 

これからも色々あると思いますが、いつまでもいい関係を続けていただきたいと心から願っています。

 

 

そして、伴侶と死別してしまった後、新しいパートナーがほしいと心の中で思っている方には、自分の心に正直に生きてほしいと思います。

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

 

芸能人の死

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

日本で人気のある芸能人の方が突然亡くなったというニュースをたて続けに目にしました。

 

 

それに対し、死因を公表する必要があるのか、という意見を言っている方がいるのを見て、ハッとさせられて、その後、たしかにそうだなあと思いました。

 

 

家族に確認をとってから公表しているのか、芸能人だからという理由で公表されてしまうのかは分かりません。

 

 

たとえ確認をとっていたとしても、家族もまだ頭が混乱している状況の中で判断を迫られて、どのくらいの人が冷静に判断できるのだろうとも思います。

 

 

亡くなった直後に、有名人としての責任だと思って公表したとしても、時間が経ってから後悔することも十分に考えられます。

 

 

大切な人、身近な人が亡くなってしまった直後に、人は冷静な判断などできないものだと思います。

 

 

昔からテレビなどでよく観ていた方が亡くなってしまうと、知り合いが亡くなってしまったかのような感覚になることがあります。だから、何があったのかとついつい詮索したくなってもしまいますが、興味本位だと言われても仕方ないのかもしれません。

 

 

人はいつか死ぬもので、生きていてくれるのは当たり前ではないのだと改めて思い知らられ、さらに寂しくなりました。

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

 

 

 

 

夫が好きな日本「はじめてのおつかい」

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

私の夫はハワイ生まれハワイ育ちの日系アメリカ人です。夫の両親もハワイ生まれのため、夫は日本語は全く分からず、日本に初めて行ったのも私と出会ってからでした。

 

夫はあらゆる面で日本がとても好きで日本製のものが大好きです。

 

そんな中で最近夫が好きになった日本のあるテレビ番組があります。

 

「はじめてのおつかい」です。

 

 

私が下記の動画をたまたま見て、夫がどういう反応をするのかが気になって、見せたのがきっかけでした。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

その後も「はじめてのおつかい」の動画を私が英語で簡単に説明しながらいくつか一緒に観たのですが、今日、Netflixで観られることに気づきました。

 

英語での題名は『Old Enough!』です。

 

 

音声は日本語ですが、英語字幕付きでも観られるので、とても助かりました。

 

 

こんな小さな子供を一人でおつかいに行かせるなんて、日本以外の多くの国では考えられないことですが、番組スタッフはもちろん、周りの大人たちが優しく子供を見守る姿も魅力のようでした。

 

 

小さな子供がせっかく買い物したものを落としたり、買い物袋を引きずって歩いたり、家についてママの胸に飛び込んで泣き出したりするのを見るたびに、Oh...と切なそうな夫の声が聞こえました(笑)。

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

 

 

 

パワースポット「ペレの椅子」マカプウトレイルの近くにあるハイキングコース

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 


ハワイにはパワースポットといわれる場所がたくさんありますが、その中でも私がよく行く場所があります。

 


ご存知の方も多いと思いますが、「ペレの椅子」です。

 

 

遠くから見ると椅子の形に見えることから、ハワイの神話では、火の女神ペレがオアフ島を作ったあと(作る途中という説もあるようです)、ここに座って休憩したと言われていて、そこからペレの椅子という名前がついたそうです。

 

f:id:MichiyoIkeda:20220325062809j:plain

 

以前から何度も行ったことがあったのですが、パワースポットといわれていることは後になって知りました。浄化に最適な場所と言われ、また、仕事運、金運に効果的と言われているのだそうです。

 

 

日本の方にも人気のマカプウトレイルの近くにあり、先日もブログに書いたサンディビーチからも歩いていくことができます。

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

 

歩きやすいハイキングコースで、私はいつもビーチサンダルで行っていますが、旅先でのケガや事故を防ぐためという意味で靴を履いている方が安全だと思います。

 

 

ご興味あればアフ島に来られる際に行ってみてくださいね。

 

 

 

 

下記サイトを参照させていただきました。行き方なども詳しく載っています。

絶景も堪能!ハワイの強力パワースポット「ペレの椅子」で金運&仕事運UP | ハワイ | トラベルjp 旅行ガイド (travel.co.jp)

 

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

死別をした同士の恋愛を描いた映画 死別後一年

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 


このブログを読んでくださっている方から、パートナーとの死別をした人同士の恋愛を描いた『昼下がりの甘いパイ』(原題:Same Time Next Week)という映画について教えていただきました。死別者同士の恋愛、再生の物語で、2020年のカナダ映画です。

 


教えてくださった方自身、パートナーと死別した人同士の恋愛をされています。

 

 

私も死別を経験してから再婚しましたが、死別した者同士ではないので、下記、実際の経験者の方が観た感想をご紹介します。

 

 

 死別を扱っていても悲壮感が少なく、優しい気持ちになれる恋愛映画でした。劇中の台詞には「愛する人を失っても、また愛に出会える」「愛は人生で一度きりとは限らないかもしれない」「愛はもっとも必要な時に訪れる」という言葉が散りばめられ、共感できる部分がたくさんありました。

ただ、死別の悲しみや辛さをもう少し描いてもらいたかったなぁとの印象も受けました。敢えて悲しみに焦点を当てるのを少なめにして、新たな一歩を踏み出す、前向きに生きることを描いたのでしょう。心温まる恋愛映画でした。

 


一緒に見ていた彼女は「え~?まだ一年じゃない・・・そんな気持ち、早いよね。」と、愛する人を失ってからの早すぎる恋愛に疑問を呈していましたが、私達だって、そんなに時間が経過しないうちに恋に落ちたのに、自分たちに起きた出来事のことはすっかり忘れてしまったのか・・と、私は苦笑いです。

 


でもきっと周りの人間は死別者の恋愛に関して簡単には理解できないだろうと思いますし、故人を偲んで悲しみに沈んでいるべきだと考える人もいるでしょう。人それぞれですから、それは仕方ないことですけどね。当事者にしか分からないことってあるのだから・・・

 

 

 

というご感想でした。

 

 

私自身、前の夫と死別して一年の時点では誰かとおつきあいする、ということはしていませんでした。

 

ただ、残りの人生、ずっと一人なのはつらすぎるという気持ちはすでにありました。

 

この方のおっしゃるように、死別者の恋愛に関して簡単には理解できない方も多いと思いますし、故人を偲んで悲しみに沈んでいるべきだと考える人もいるというのは、私も身をもって経験しました。

 

周りの希望やイメージと、自分自身の気持ちにずれがあるのは仕方ないのかもしれません。

 

ただ、死別後の恋愛に限らず、タイミングは人それぞれで、こういう映画などを観るのは死別直後の方にとっては救いになる部分もあるのではないかと思います。

 

 

この映画とは別なのですが、最近、Netflixで『アフター・ライフ』(原題:After Life)という配偶者と死別した男性が主人公のドラマを観ました。

 


この主人公の奥さんは闘病の末に亡くなっていて、奥さんが残したビデオメッセージを観てなんとか犬の世話をしたり、なんとか仕事に行ったりしていて、いざ恋愛しようとしてもそんな気になれず、という感じで周りの人に支えられながら、ゆっくり日々を過ごしています。

 


現実にこういう方も多いと思います。死にたいという意味の言葉をよく口にするところなどは、自分の経験を考えても、共感できる部分が多いです。

 

ただ、当然ですが、私とは違うなという部分はありました。

 

主人公の男性は、奥様との思い出がビデオにたくさん残されているのもあって、おもに良いことを思い出しているように感じたのですが、私の場合は、死別直後は、なぜ前兆に気づかなかったのか、という後悔や自責の念ばかりで、楽しかったことを思い出すようなものを見るのもつらかったです。

 

私はこのドラマの主人公の男性とは違って突然前の夫を亡くしたので、違うのは当たり前なのかもしれません。

 

 

こういう感じ方も人それぞれですし、上記の映画と同じく、そこまで描いてしまうとドラマ自体が重く、暗くなってしまうというのがあるのかもしれないなとも思います。

 

 

それぞれ、自分とは違う、という部分はあるとは思いますが、共感できる部分も多いと思うのでもしよかったら観てみてください。

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

信じる力のすごさ

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

先日、ウクライナで動物の保護活動をしている女性の動画について書いたのですが、動物の保護をしている方の動画を見ている中で特に印象に残っている動画があります。

 

日本の方の活動なので、すでにご存知の方も多いかもしれませんし、私が説明するまでもないのですが、人の信じる力のすごさをあらためて感じさせてくれた動画です。

 

 


www.youtube.com

 

 

今世界で起きていることが、一人の私欲ではなく、多くの人がこうであってほしい、こうであるべきだと信じる方向に、進んでくれることを願います。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

 

何気ない日常

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

前の夫を突然亡くした時、休みの日に二人で予定もなく家で過ごしたとか、そんな何気ないことが、とても幸せなことだったのだと気づきました。

 

 

街を一緒に歩いている家族や恋人たちを見るだけで、自分にはもうそんな時間が来ないことを思い知らされて、亡くなった夫と一緒に歩いたことのある道を歩くことができなかった時期もありました。

 

 

何気ない日常がどれほど幸せなものか、何か起こった時に気づくことは多いです。

 

 

今起こっていることを見て、自分がいかに自由や平和は当たり前にあるものと思って過ごしてきたかを思い知らされます。

 

 

 

戦争について特別な知識のない私でも、前の戦争で今私が住む島で起こったこと、その後戦争がどう終わったかを考えるだけで、人間というのはその時に置かれた状況や、リーダーや周りの人たちの言葉によって、正しいと信じることが変わってしまったり、捻じ曲げられてしまったり、本当の気持ちを言えなくなったり、過信してしまったり、引き下がれなくなってしまったりして、想像もしていなかったような結果につながってしまうこともあるのだと考えざるをえなくなってしまいます。

 

 

過去に悲惨な経験をしてきたからということが、平和が続く理由や根拠や保障にはならないのだという、そんな当たり前のことを、私は分かっていなかったのだと改めて気づかされました。

 

 

先日、オアフ島東部のサンディビーチに愛犬の散歩に行った時に、ビーチで見か

けました。

 

f:id:MichiyoIkeda:20220310083904j:plain



ハワイではホヌ(ウミガメ)は海の守り神と言われていますが、平和の象徴でもあるそうです。

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村