再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

運命の人との出会い

こんにちは。ハワイ在住のMichiyo です。

 

 

以前、運命の人は一人じゃないという内容のブログを書いたことがあります。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

私は運命の人との出会いは必ずしも劇的なものではないと思っています。

 

 

 

前からやってみたいと思っていたことに挑戦してみたり、行きたかったところに行ってみたり、色々と理由をつけて後回しにしてきたことをやってみたり。

 

 

そんなシンプルなことで出会うこともあるような気がします。

 

 

 

なかなか出会えないと思っていても、実はもう出会っている場合もあるかもしれません。

 

 

自分の理想と違うから、と、自分から遠ざけてしまっている可能性もあると思うのです。

 

 

運命の人と出会うか出会わないか、ではなくて、気づくか気づかないか、という違いであることも少なくない気がします。

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

喧嘩の意味

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

日本にいる頃よりも、夫婦や恋人同士など、周りにいるカップルとの交流が多くなりました。

 

 

そんな中で最近つくづく思うのは、男と女って外から見てても分からないことが多いなぁということです。

 

 

いつも仲よくてなんの問題もなさそうに見える夫婦でも、深く話してみると色々な問題を抱えていたり、私だったら耐えられない、というような状況にいる夫婦でも、深く話してみると、どうしても離れられないほど惹かれあっていたり。

 

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

私たち夫婦も、このブログには書いていませんが、喧嘩することもあります。

 

 

でも、そういう時に夫は、今の状況を良くするのに必要なら喧嘩してもいいと言います。

 

 

夫の友達の若い夫婦が揉めていた時に、夫は、喧嘩によってお互いが憎み合って惨めになるなら早く別れたほうがいいと言っていました。

 

 

そのご夫婦は周りから見たらとてもお似合いの可愛いカップルです。それなのに喧嘩が絶えず、いつも奥さんが悩んでいるのです。

 

 

夫はその話を聞いて、相手の機嫌が悪い時こそ冷静に愛情表現をして、どれだけ相手のことを必要か、どれだけ愛しているか、どれだけ感謝しているかということを相手に伝えたら関係が良くなる可能性も高いと話していました。

 

 

その夫婦はご主人がハワイ生まれの日系人、奥さんが日本人という、私たち夫婦と同じパターンのご夫婦で、私は奥さんの方とも仲良くさせていただいています。

 

 

日本人の私たちにとって、一番住みやすく安全なのは、家族も友達もいて、母国語で何でも話せる日本だということをご主人の方もちゃんと理解しなければいけない。夫はそうも話していました。

 

 

私が奥さんの方に夫が言っていたことを伝えたら、奥さんは「私たちのことを熟知している」と驚いていました。

 

 

そして奥さんも、愛情表現が足りなかったと反省したと言っていました。

 

 

夫も私と暮らす中で、色んなことを考え、模索しているのかもしれないと私も考えさせられました。

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

配偶者と死別した人への配慮と信頼関係

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

ほかの方のブログを読んでいて、思い出したことがありました。

 

 

私は死別後長い間、前の夫が亡くなったことを周りの人たちに隠していました。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

前の夫が亡くなってしばらく、仕事に行くことができない時期があり、その後復職してから、社員食堂で同僚とランチをとっていたときのことでした。

 

 

その日たまたまランチの時間が一緒になった5~6人でランチをとっていて、そのうち一人だけ、まだ私が前の夫を亡くしたことを知りませんでした。

 

 

その女性は、前の夫が生きていた頃、私の家に夫婦で遊びに来たこともあり、人数の多い職場の中では比較的仲の良い部類に入る関係でした。

 

 

それでも私はその女性にはしばらく言いたくありませんでした。

 

 

彼女は思ったことをすぐに口にする上、笑い声も話し声もとても大きかったからです。

 

 

素直で彼女のいいところでもあるのですが、もしも彼女が私の休職中に私が前の夫を亡くしたことを職場や社員食堂で話題にしたら、一瞬にしてみんなに知れ渡ると思ったのです。

 

 

 

そんな彼女と久しぶりにランチを一緒にとることになりました。彼女は私の前の夫にも会ったことがあったので、自然な流れで夫のことを私に聞いてきました。

 

 

できる限り人に知られたくないと思っていた当時の私は、社員食堂で前の夫が亡くなったことを話すのはとても嫌でした。でも、さすがに隠し通せる状況ではなくなってしまいました。

 

 

私は「実はね、亡くなったんだ」と彼女に言いました。

 

 

「えーーーーー!!!!!」

 

 

想像よりもさらに大きな反応、そして大きな声でした。

 

 

そして次の瞬間、彼女は泣き出し、「それは寂しいねー。かわいそうに」と大きな声のまま言い続けました。

 

 

ほかのテーブルにいる人たちも彼女の声に反応して私たちのテーブルの方をちらちらと見ているのが分かりました。

 

 

 

当時、まだまだ心の整理がついていなかった私は、彼女の涙を見て号泣してしまいました。

 

 

彼女は私に対する同情の言葉を大きな声で言い続けました。

 

 

彼女が先に席をたつと、もともと前の夫が亡くなったことを知っていた同僚が

 

 

「フォローしてあげられなくてごめんね・・・」

 

 

と謝ってきました。

 

 

彼女に言わずにいた私が悪いのに、同僚は彼女が大きな声で同情の言葉を私にかけ続けることが、逆に私を傷つけていることに気づいてくれていました。

 

 

結局私は、そういう感覚が分かる人にだけ、話していたのだと思います。

 

 

日々の何気ない会話の中で、「この人には話しても大丈夫」という人を感じとっていたのです。

 

 

そういうのを信頼関係というのかもしれないな、と思います。

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

のど元過ぎれば

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

 

 

前の夫を亡くした後、私は自責の念と後悔であまりにも苦しくて、生きる意味さえ分からなくなっていきました。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

前の夫を亡くした直後の苦しさから抜け出し、今の夫と出会ったことは私にとっては大きな一歩でした。


 

 

それでも、二度と前の夫を亡くした時のような思いはしたくない、後悔をしないように生きたい、といつも考えています。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

喉元を過ぎても熱さを忘れないようにする。

 

 

私にはとても難しいです。

 

 

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

見切りをつける時

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

人生には見切りをつけなければいけない時があると思います。

 

 

一つのことを続けるのは、それだけでとてもすごいことです。

 

 

でも、仕事にしても恋愛にしても、不満ばかりでこのまま続けていても良い方向には進まないと思ったら、離れるという選択をすべき時もあると思います。

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

前の夫を亡くして、再婚をするまでの間も私は色々なことに見切りをつけたと思います。

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

そんな中、私がつけた最大の見切り。

 

 

それは自分自身だった気がします。

 

 

 

私が今の夫との再婚を決めたのは、若くして配偶者を亡くしてしまった「不幸な自分」に見切りをつけて、もう一度、新たな人生を生き直したかったのかもしれないと思います。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 


www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

前向きになれなかった時

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

ハワイに移住してから一年半が経ちました。

 

 

夫との生活も落ち着き、今は穏やかに暮らしていますが、この一年半の間、悩んだこともたくさんありました。

 

 

 

ハワイに来てから出会った日本人の方の中には、私から見てとてもきつく感じる方もいました。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

でも、私が自分らしくいられる人たちにもたくさん出会うことができました。

 

 

今、私の周りには、魅力的な人たちがたくさんいます。

 

 

些細なことで笑いあったり、励まし合ったり、愚痴を言い合ったりして、日々を過ごしています。

 

 

日本にいた時も、ハワイに来てからも、前向きになれずに悩んだ時期もたくさんありました。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

でもいつも、結局は周りの人に引っ張り上げてもらってきた気がします。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

 

 

 

 

↓もし良ろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

自分のために生きる。一度きりの人生

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

自分のために生きるって簡単なようで難しいのかもしれません。

 

 

もしかしたら、日本人は特にそうなのかもしれないと、ハワイに来てから出会った日本の方と話していて思いました。

 

 

 

私自身、今までの人生で人の目を気にしすぎて自分の本当の気持ちに従えなかったことが何度もありました。

 

 

でも、今の夫と出会った時は、人の目よりも自分のために、ハワイに来て夫と結婚したいと思いました。

 

 

そして、実際にそうしました。

 

 

もしも私が周りの目を気にしすぎていたら、もしかしたら私は、今とは全く違う生活を送っていたかもしれないと思います。

 

 

このブログに何度も書きましたが、配偶者との死別をした人の再婚を良く思わない人も少なからずいると思っています。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

でもやっぱり、私は再婚したことを全く後悔してしません。

 

 

 

もしも自分以外の人の意見を気にして何かを決断できずにいる人がこのブログを読んでくださっていたら、自分の心の声を聞き逃さないでほしいと言いたいです。

 

 

 

一度きりの人生だということを忘れないでほしいです。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

 

↓もし良ろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村