再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

ソウルメイト

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

私は昔からドラマを観るのが好きで、こちらに来てからは、アメリカのドラマをよく観ています。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

こちらのドラマを観ていると、恋人や婚約者を表現する時に、ソウルメイトという言葉をよく使っています。

 

 

ごく最近見たドラマでも、恋人から別れを切り出された時に「ソウルメイトだと思ってたのに」と泣くシーンや、誰もが羨むお金持ちの婚約者がいるのに、旅行先で偶然知り合った人のことがどうしても気になり、その人がソウルメイトだと気付いた、とか、そういうシーンがありました。

 

 

 

ソウルメイトと検索すると「魂の伴侶」や「運命の人」と訳すことが多いみたいで、そういう相手とは出会った時にとても懐かしい気持ちになるとか、ソウルメイトは、頭ではなく心で見つけると書かれていました。

 

 

 

なんとなく分かる気がします。

 

 

 

でも、そういう人に出会った時に、心の声を聞き流さないようにすることの方が難しいのかもしれないと思ったりもします。

 

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっといい人なんていない

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

たとえば失恋した時とか、好きな人とうまくいかなくて悩んでいる時に、「もっといい人がいるよ」と励まされたことが何度もあります。

 

 

 

私もそうやって友達を励ましたことが何度もありました。

 

 

 

でも、最近それが本当なのかよく分からなくなってきました。

 

 

 

悩んでいる本人が今好きな人より「もっとかっこいい人」「もっとかわいい人」「もっと背が高い人」「もっと小さい人」「もっとスタイルがいい人」「もっとお金を持っている人」「もっと服装のセンスがいい人」「もっと学歴が高い人」「もっと若い人」「もっと年上で大人な人」「もっと優しい人」「もっと決断力がある人」「もっと家庭的な人」など、あげたらキリがありませんが、ある個人に比べてある点で「もっといい」ように見える人はいくらでもいると思うのですが、その「いい」って、誰の視点なの?と思うのです。

 

 

悩んでいる本人にとっては、今好きな人がやっぱり一番で、その人が笑った時にできるシワだったり、何気ない仕草だったり、ほかの人は気づかないくらいの癖だったり、そんな小さなことがその人には一番譲れない「好き」のポイントだったりする気がして、私は簡単には「もっといい人がいるよ」なんて言えないと、最近思ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

占いを信じるかどうか。私のオススメ

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

私は基本的に占いは良いことだけ信じるようにしています(笑)。

 

 

悪いことを信じて当たってしまったら、その後の人生、占いで左右されてしまいそうで嫌だし、たとえその占いが当たっているとしても、やっぱり自分の人生は自分で決めていきたいと思うからです。

 

 

 

 

なのになぜ良いことは信じるかと言うと、自分の背中を良い意味で押してくれるからです。

 

 

そんなふうに自分に都合のいいように占いを使っている私が、ずっと前から読んでいる占いをご紹介します。

 

 

 

↓ こちら(石井ゆかりさんの「筋トレ」)です。

 

st.sakura.ne.jp

 

 

 

私の場合、これを読むとなぜか気持ちが落ち着きます。

 

 

 

亡くなった前の夫との結婚前から読んでいると思います。

 

 

 

ただし、今週は運が良いとか悪いとか、はっきり言ってほしい方には向いていません(笑)。

 

 

 

日本時間の毎週金曜日の夕方に翌週分が更新されます。

 

 

 

 

今年の一月にこのブログをはじめた後に、この占いも同じはてなブログだったことに気づいてなんだか嬉しくなりました。

 

 

 

オススメが苦手な私が、珍しくオススメします(笑)。興味がある方は見てみてください。

 

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

  

優先順位

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

人から相談を受け、その解決策を一緒に考えることがよくあるのですが、最近なんとなく気づいたことがあります。

 

 

人の悩みの多くは、その人が自分にとって何が大切かという優先順位が分からなくなっている時に起こるということです。

 

 

たとえば転職するかどうかの悩みだと、その人にとって、今の経験や知識を深めることが大切なのか、新しいことに挑戦することが大切なのか、働いている時間を楽しく過ごすことが大切なのか、やりがいが大切なのか、評価が大切なのか、何よりも給料が大切なのか。

 

 

 

恋愛や結婚の悩みだと、相手の経済力や安定した生活が大切なのか、自分の仕事や、自分一人の時間とのバランスが大切なのか、相手を好きだという気持ちが大切なのか。

 

 

 

私も似たようなことで悩んだことが何度もあります。

 

 

 

どれも大切です。

 

 

 

でも今は、私はとてもシンプルに優先順位をつけられていると思います。

 

 

まずは今の生活そのものに対する優先順位。

 

 

最優先事項は夫との時間です。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

そして仕事について。

 

 

 

私にとっての最優先事項は人間関係です。

 

 

 

私は日本にいる頃も職場の同僚や上司に恵まれていたので、この考えはずっと変わらないのですが、信頼できる仲間とだったら大変な状況も切り抜けられると思っています。

 

 

 

反対に、信頼できない相手とは、簡単なことでも一緒に作業したくありません。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

もしかしたら、これは恋愛や結婚にも言えることかもしれません。

 

 

 

絶対に譲れない最優先事項を決めて、覚悟さえ決めてしまえば、悩みの多くは意外とシンプルだったりするのかもしれないと最近思います。

 

 

先のことを考えすぎて今の優先順位が決められない場合でも、私の個人的な考えでは、あくまでも今の気持ちを最優先にした方がいいと思います。

 

 

今、一番大切なものは何なのか。

 

 

今、一番失いたくないものは何なのか。

 

 

気持ちが変わったら、その時にまた考えればいい。

 

 

 

どんなに先のことを思い悩んでも、いつ何が起こるかなんて分からないからです。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 


 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

どうしたらいいかわからない時

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

 

以前、このブログのお問い合わせ欄にいただいたことのあるコメントをふと思い出しました。

 

 

 

内容としては、ごく簡単に言うと、この先どうしたらいいかわからない、というものでした。

 

 

内容によって、このブログの記事としてお返事することもあるのですが、その方には、直接お返事しました。

 

 

 

その方もパートナーを亡くされた方でしたが、亡くされた悲しみだけでなく、周りの人たちとの関係に悩んでいらっしゃいました。

 

 

その方が、そばにいる誰かではなく、会ったこともなく、違う国に住んでいる私に気持ちを打ち明けたくなったという状況は、正直、悲しいことだと思いました。

 

 

その方の場合、周りの人の考えている、こうあるべき、という常識に合わせることがつらく、だからといって自分がどうしたいのか、どうしたらいいのかもわからない、という感じでした。

 

 

このブログを読んでくださっている方はパートナーを亡くされた方も多く、まだまだ深い悲しみの中にいらっしゃる場合も多いです。

 

 

なので、お問い合わせ欄からいただいたコメントは、公開するかどうかも含めていつもすごく悩むのですが、その方については詳しい内容は公開しないことにしました。

 

 

人がこの先どうしたらいいかわからなくなるという状況は様々で、明確な答えもないですが、その方の場合、私は、「今は現状維持」を提案しました。

 

 

あくまでも提案です。そして、あくまでも「今は」です。

 

 

正解など分からないし、そもそも正解なんてないと思います。

 

 

でもこの「現状維持」は、前の夫を亡くして数年、まだまだ暗闇の中にいた私が実行していたことでした。

 

 

実行していたと言っても、自分で考えて、ではありません。

 

 

「現状維持」は、その頃、ろくに仕事もできる精神状態ではなく、何もかもうまくいかない気がして、つらくてつらくて「どうしたらいいのか分からない」と、泣き事ばかり言っていた私に、友人や姉がかけてくれた言葉でした。

 

 

 

 

そして私がその状況から抜け出せるパワーが戻った時に、友人や姉は迷いなく背中を押してくれたのです。

 

 

何か行動を起こす時にはパワーが必要です。

 

 

 

だから精神状態によっては現状維持をして行動すべき時期を待つという選択肢も残した方がいいのだと、私は周りに助けられ、身をもって経験したのです。

 

 

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

良からぬことを考えてしまう。お問い合わせ欄より。

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

 

お問い合わせ欄からいただいたコメントをしばらくチェックしていなくて、数週間前にいただいたコメントの中に早くお返事した方がいいと思ったものがあり、このブログ上でお返事させていただきます。

 

 

 

 

" 一番支えてほしい人に裏切られて辛い日々を過ごしています。 これからどうして生きていこうと悩みもがき よからぬ事さえ頭をよぎります。 誰かに気持ちを打ち明けたいと問い合わせさせていただきました"

 

 

という内容でした。ほぼ全文です。

 

 

 

以前にもお問い合わせ欄からいただいたコメントについてのお返事をこのブログの記事として書いたことがあり、その時も書いたのですが、私はプロのカウンセラーではないので、アドバイスなんてえらそうなことはできません。

 

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

でも、私のブログを読んで、私なら分かってくれるかもと思って書いてくださったコメントなので私なりに考えました。

 

 

 

「良からぬこと 」という意味が私が考えていることと同じだとしたら、それを考えてしまうことは、あなたが特別に弱い人だからというわけではないと思います。

 

 

 

考えてしまうことは仕方ないです。

 

 

いくら打ち消そうとしても、すでに頭に浮かんでしまったことはどうすることもできません。

 

 

でも、それを考えてしまうことと実行に移してしまうことには大きな違いがあると思います。

 

 

そしてまた、それを実行に移してしまう人が特別に弱い人だとも思わないのです。

 

 

 

でもやっぱり考えてほしいのが、あなたがそれを実行した時に傷ついてしまう人がいるということ。

 

 

 

あなたを思ってくれる誰かの残りの人生を台無しにしてしまうかもしれないということ。

 

 

 

こんなことを書きながら、それでも私は、なんでこんなありきたりなことしか書けないのだろうと情けなくなりました。

 

 

そして、夫に相談してしまいました。

 

 

 

夫は言いました。

 

 

「今はすごくつらいだろうけど、あなたを大切にしてくれる人と幸せになれる日が必ず来るよ。その時に、あの時はつらかったけどあの時があったから今が幸せなんだと思えるよって伝えて」

 

 

 

この言葉もまた、もしかしたらありきたりなのかもしれません。

 

 

 

でも私はその言葉を聞いて本当にその通りだと思いました。

 

 

 

今の私がそうだからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

 

 

 

もうそんな時期

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

ハワイに住む前は、ハワイはいつも暑いというイメージをもっていました。

 

 

でもハワイも今の時期になると朝晩少し寒さを感じます。

 

 

と言っても日本の冬とは全く比べものにならないほどで、私はほぼ一年中、はだしにサンダルで通勤しています。

 

 

 

そんな中、今日、アクセス数が急に増えた記事があることに気づき、そっか、もうそんな時期なんだとハッとしました。

 

 

この記事です↓

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

今もどこかで、大切な人を亡くしたばかりの方たちが悲しみや寂しさに耐えながら過ごしているのだと胸が締めつけられました。

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 


 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村