再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

何も分かっていなかった頃。お父さんを亡くした同級生

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

ふと思い出したことがありました。

 

 

小学4年生の頃、同じクラスの女の子のお父さんが亡くなった時のことです。

 

 

前後の記憶はほとんどないのですが、担任の先生に連れられて、クラス全員でその子の自宅でのお葬式に行きました。

 

 

お母さんのそばで、さっきまで泣いていたのが分かる赤い目でその女の子が立っていました。

 

 

小学4年生というと10歳くらい。

 

 

その女の子にはお兄さんがいたことを考えても、その子のお母さんは私が夫を亡くした時の年齢と同じくらいか、それよりも若かったと思います。

 

 

きっとその子のお母さんはその後、数年前の私や、私の周りにたくさんいた、若くして配偶者を亡くした人たちと同じような絶望や苦しみを味わったのだと思います。

 

 

当時はSNSなどももちろんなく、同じ苦しみをもつ人が交流できる場などもなかったことを考えると、さらに孤独だったと思います。

 

 

その子がお父さんを亡くした時のことで、もう一つ覚えているのが、その女の子が忌引きでしばらく学校を休んだあと、はじめて学校に来た日の休み時間のことです。

 

 

 

「お父さんが死んじゃって寂しい?」

 

 

 

同じクラスの一人が聞きました。

 

 

その女の子は、何も言わずにうなずきました。

 

 

その時のその女の子の表情は今でもはっきりと覚えています。

 

 

今考えると、お父さんを亡くしたばかりの、たった10歳の子供にはとても残酷な質問です。でも、質問した方もまだ10歳で、正直な疑問だったのかもしれません。

 

 


質問した本人だけでなく、私も何も分かっていませんでした。

 

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

すべては自分のため

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

 

今日は久しぶりに、コロナウィルス以外のことで最近考えたことを書いてみたいと思います。

 

 

 

最近よく考えるのは、ほとんどのことは自分のためなのかもしれないということです。

 

 

 

私は基本的にどうしても合わない人とは距離を置くしかないと思っています。

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

 

でも、どうしても関わらないといけない相手というのはいます。

 

 

距離を置くことができない相手との人間関係に何か問題があった時に、できる限り、問題が大きくならないように言い方を気をつけたり、メールやLINEの言葉に、一言加えて表現が柔らかくなるようにしてみたりしますが、それも自分のためです。

 

 

私は人間関係のトラブルにとても弱くて、誰かからきつい言い方で責められたりすることに耐えられないのです。

 

 

人はミスするもの。だから人のミスは責めない。

 

 

人はよほど得意なことや経験のあることでない限り、一度や二度聞いたぐらいでは覚えられないもの。だから、説明は分かりやすくする。何回か同じことを聞かれても怒らない。

 

 

私がそういうことに気をつけているのは、私が逆の立場の時に、そうしてほしいからです。

 

 

例えば相手のミスを責めない理由は、自分がミスをしたとき、ただでさえ落ち込んでいるので、それを改めて責められたら、ますます落ち込んでしまって良いことがないし、人は自分のミスを責めなかった人のミスをきつく責めることはない(と信じたい)から。

 

 

夫婦や恋人同士でも、私は相手のためにこんなにやってるのに、と思ってしまうことはあっても、嫌ならやらなければいいことも多いのかもしれません。

 

 

人間関係がうまくいかなくて、その人と距離をおくのは、自分がその人と関わることで嫌な思いをしたくないから。誰かのために距離を置くとしても、その誰かが嫌な思いをするのを見たくないから。

 

 

 

嫌な事があってもそれでも自分がその人と距離を置く選択をしないのは、結局自分が、何かを手放したくないから。

 

 

 

自分が手放さない選択をしていることに対して、誰かを傷つけるのは何か違う気がしてしまいます。

 

 

最近日本に住む知り合いから聞いた話で、職場の人が体調不良でLINEで一度連絡してきただけで1週間仕事を休み、その後LINEをしてみても既読にならず、連絡がとれなかったことをすごく怒っている人がいたそうです。

 

 

その人は体調不良で休んでいる人に対して、社会人として非常識だというような内容のLINEを送ったのだそうです。その後、体調不良で休んでいた人は入院していたことが分かり、退職されたそうです。

 

 

LINEにしてもメールにしても直接にしても、相手を傷つける言葉を投げかける前に、少し冷静に言葉を選んでみることができたら、後味や罪悪感が全然違うこともあると思います。

 

 

こんなことを書いていても、私も今まで人を傷つけるようなことを言ってしまったことは数えきれないくらいあります。

 

 

 

自分が人を傷つけると、必ず2倍3倍になって返ってくるものだということを、今までの人生で学んできたから、今はそれをしないように気をつけているだけかもしれません。

 

 

やっぱり結局、すべては自分のためです。

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイから日本に帰国する場合

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

先日、日本が遠いという投稿をしました。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

今までなら一週間で着いた母が日本から送ってくれた郵便物が、1ヶ月経ってもまだ届いていません。

 

 

こんな状況の中、もしもどうしても帰国しないといけなくなったら、帰ることができるのかなと気になって調べたら、ハワイ在住の日本人向けの(ハワイに住む日本人の方ならほとんどの方がご存知だと思われる)雑誌「日刊サン」のサイトでとても参考になる記事を見つけました。

 

 

外出禁止の今、遊びに行くために飛行機に乗るとか、そういうことではなくて、現実としてこの状況の中、急に帰らなきゃいけないということになったら、どうしたらいいのか、状況を把握しておくのとしないのとでは気持ちが全然違うと思います。

 

 

現実として、日本に住む私の両親は高齢で、このブログを読んでくださっているハワイ在住の方にも同じような状況の方や、状況は違っても、何かあって日本に帰らなきゃいけなくなったらどうしようと、なんとなく不安に思われている方もいるかもしれないと思っています。

 

 

私は今すぐに帰国するという予定はありませんが、急に帰国しなきゃいけなくなった場合の参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

以下、引用させていただいてます。

 

 

Q. 日本行きの直行便の運休状況は? 

A. デルタ航空大韓航空は6月末までの運休決定、7月の運航は未定。 

  現在運休中の日本航空全日本空輸ハワイアン航空ユナイテッド航空は、5月末までの運休決定、6月の運航は未定(5月6日現在)。 

 

Q. 今、どうしてもハワイから日本に行かなければならない用事がある場合、どんな経路で日本に行くことができるのか?

A. たとえばデルタ航空はホノルル発シアトル経由(同日乗り継ぎ)、羽田着(週3便、5月6日現在)。トランジットの検疫はなし、同じターミナル乗り換えで、隔離もありません。

 

 <参考>シアトル国際空港でのCOVID-19 の対応について 

*現在、厚生労働省からは、日本入国の際の水際対策が行われている。下記の内容で、アメリカからの入国者にはPCR検査および14日間の隔離が行われている。詳しくは別欄(下記)を参考にしてください。 

 

Q. 日本からハワイに戻ってくる際、出国できますか? 

A. 可能です。ただ直行便は、デルタ航空大韓航空は6月末までの運休決定、7月の運航は未定(5月6日現在)。日本航空全日本空輸ハワイアン航空ユナイテッド航空5月末までの運休決定、6月の運航は未定です(5月6日現在)。5月出発の場合、本土経由でハワイに戻ることになりますが、経由地により制限がありますので、詳しくはメールでお問合せください。 

ハワイ州外からハワイに来た場合、ハワイ到着後14日間の自宅およびホテルなどでの待機が求められます。詳しくはハワイ州政府のウェブサイトで随時ご確認ください。

CDC

ハワイ州保健局

 

厚生労働省 医薬・生活衛生局 検疫所業務管理室より

 入国時の過去 14 日以内に入管法に基づく『入国制限対象地域※』に滞在歴のあるお客様におかれましては、全員に PCR 検査が実施され、検査結果が出るまで、 自宅等、空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機いただくことになります。※ハワイを含むアメリカは入国制限の対象です。 

 

【よくあるご質問】 

PCR 検査について

○検体採取はどのように行われますか?

 お客様の鼻やのどの粘液を綿棒で採取させていただきます。 

 

○検査結果が出るまでにどのくらいの時間がかかりますか? 

 現在、検査対象となる方が増加しているため、混雑の状況により1日〜2日程度待機いただく場合があります。 

 

○検査結果はどのように伝えられますか? 

 結果判明までご自宅で待機される場合は、質問票にご記入いただいたメールアドレス又はお電話番号にお知らせいたします。 

結果判明まで空港内のスペース又は検疫所長が指定した施設等にて検査結判明をお待ちになる場合は、現地の職員からお知らせいたします。 

 

ご自宅等で待機する場合について 

○自宅、または家族宅で待機できる条件は何ですか?  

1.症状がないこと(空港内のスペース又は検疫所長が指定した施設等にて検査結果判明をお待ちになる場合も同様)、2.公共交通機関(不特定多数が利用する鉄道、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)を使用せずに移動できることが条件です。

  事前にご家族やお勤めの会社等による送迎、レンタカーを手配するなど移動手段の確保を行ってください。 

 

○遠方に自宅がある場合は、国内線を使うことは可能ですか? 

 飛行機は公共交通機関に当てはまるため、ご利用になることはできません。 

 

○民泊やウイークリーマンションなどは自宅に含まれますか? 

 不特定多数の方に対して反復継続して行われるような事業の利用は、ご自宅での待機に当てはまりません。

 

ご自宅等以外で待機する場合について 

○自分で予約したホテルに待機することは可能ですか? 

 不特定の方との接触の機会が想定されるため、検査結果が判明するまでの間は、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設に移動することはできません。なお、検査結果が判明するまでに待機する間のキャンセル料については、大変恐縮ですがご自身のご負担となります。 

 

○空港内のスペース等で待機する場合、荷物を受け取ることは可能ですか? 

 可能です。ただし、待機する場所等によりその取扱いが異なりますので、詳しくは、検疫通過後に職員にお尋ねください。 

 

○検疫所長が指定した施設等とはどのようなものですか? 

 空港周辺の宿泊施設などです。ただし、帰国したお時間や帰国されたお客様の人数等の状況により、ご希望に添えない場合がございます。 

 

○検疫所長が指定した施設等にレンタカーで向かうことは可能ですか? 

 検疫所長が指定した施設等へは、国が用意したバスを利用していただくこととしています。 

 

結果判明後について 

○陰性の結果が判明した後は自由に行動ができるのですか?

 入国した次の日から起算して14日間は、事前に申告いただいたご自宅又はご自身で確保したホテル等にて待機していただきます。その際、自宅・ホテル等の待機場所からの外出や、公共交通機関(不特定多数が 利用する電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)を使用しないでください。 

 

○検疫所長が指定した施設等で待機していた場合に陰性の結果が判明した合、公共交通機関を使用せずに自宅又は自分が確保したホテル等に向 かうにはどのようにすれば良いですか? 

 検疫所長が指定した施設等から、お客様が到着した空港へ向かうバスを手配しております。詳しくは、宿泊施設に常駐している厚生労働省職員にお尋ください。 

私が特に参考になったところを抜粋しましたが、すべて読みたい方は「日刊サン」さんのウェブサイトをご覧くださいね。

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

マスクのこと

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

ハワイでも長い間マスクがほとんど手に入らない状況が続いています。

 

 

 

でもマスクの品切れが始まってからしばらくは日本人の私にとっては不思議な光景が広がっていました。

 

 

日本にいると、マスクが品切れになるような状況、イコール、外に出たらほとんどの人がマスクをしている、というのが当たり前だったのですが、ハワイではマスクが品切れになり始めた後も、結構長い間、マスクをしてる人をほとんど見かけない、という状況が続いていました。

 

 

今から2ヶ月半くらい前、とても印象的なことがありました。私と夫がマスクをしてベンチに座ったら、そばに座っていたカップルが、私たちを見て小さな声で「マスクしてる」と言って離れていったのです。

 

 

周りを見渡してもマスクをしていたのは私たち二人だけで、私たちが浮いてる状態だったのかもしれません。

 

 

日本人のように予防のためにマスクをするという感覚を持っている人は本当に少なかったと思います。

 

 

今考えると、私も含めて日本人は感染源になるという目で見られていたのかもしれません。

 

 

それから2ヶ月半、結局ハワイでも感染者が増え、今はハワイでもほとんどの人がマスクをしています。

 

 

スーパーなどではマスクをしていない人は入店できなくなっているところも多いです。

 

 

今は、予防の意味と、自分も含めて誰がコロナウィルスの感染源になってしまうかわからない、という意識が多くの人に浸透したのだと思います。

 

 

 

ワイキキもアラモアナもひっそりとしている今の状態が続くことは、観光に経済を支えられている部分も大きいハワイでは多くの人の生活を圧迫しています。

 

 

いつ収束するか分からず不安な気持ちになってしまうこともありますが、日本もハワイも、もちろんほかのところも、外出自粛が人の心までを圧迫しすぎないうちに、なんとか状況が好転してくれるよう、とにかく今は意識を持ち続けるしかないのかなと思います。

 

 

 

  

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

 

日本が遠い

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

前回の投稿からすごく時間があいてしまい、何かあったのかとご心配してくださる方もいらっしゃったのですが、私は元気です。

 

 

ハワイでStay at home order (外出禁止)が出てからもう一か月、私はその少し前から在宅勤務をしています。

 

以前、ハワイに来てから少しの間だけやっていたことのある仕事だったら、在宅勤務は絶対に無理だったのですが、今の仕事は大きな支障なく家で仕事ができています。

 

 

たまたまなのですが、在宅勤務になる少し前からペットを飼い始め、夫と二人だった生活が少しにぎやかになった矢先でした。

 

 

志村けんさんや岡江久美子さんなど、有名で人気のある方の訃報は、私も含めこちらに住む日本人の間にも大きな衝撃を与えています。

 

 

昔からよく知っている知り合いが次々と亡くなってしまったかのようでとても寂しく、切ない気持ちになっています。

 

 

ただ、私は前の夫を突然亡くしているので、やっぱり忘れてはいけないと思うのが、有名な方たちだけでなく、世間的に見ればごく平凡で、目立たなかったかもしれない方が、命を落としてしまった時に、そのご本人の無念はもちろんのこと、その周りにいる人たちが絶望に襲われている、そしてその絶望感は、短い間では消えないということです。

 

 

 

いつ収束するか分からない今の状況で、私は日本が急に遠くなってしまったような感覚を覚えています。

 

 

いつでも帰れると思っていたのに、そう簡単ではなくなってしまった。

 

 

いつでもハワイに来てね、と言えない。

 

 

それが今、すごく寂しいです。

 

 

でも、一日でも早く、以前のようにハワイが好きな人が簡単に来れて、海外に住む日本人が「いつでも帰れる」と思えるような状況になるように、今は我慢するときなのかなと思います。

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

落ち着くところに落ち着く

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

年が明けて忙しく過ごすうちにいつのまにか前回の記事から1ヶ月が経ってしまいました。

 

 

この間、お問い合わせ欄からメッセージをくださった方、ありがとうございます。全て読ませていただいています。

 

 

この1ヶ月の間に2回目の結婚記念日を迎えました。

 

 

縁あって知り合い、2年経っても何も変わることなく、仲良く過ごすことができていることは本当に幸せなことだと思います。

 

 

結婚生活以外でも、ハワイに来てたくさんの方に出会うことができ、色々ありますがやはり私は周りの人に恵まれていると思います。

 

 

問題が起こることはありますが、色々な意味で全ては落ち着くところに落ち着いていくものだと最近つくづく思います。

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

ワイキキでカウントダウン花火とハワイ出雲大社で初詣

ハワイも2020年が始まりました。明けましておめでとうございます。

 

 

結婚して二度目の年越しは、去年に引き続きワイキキビーチでカウントダウン花火を見ることにしました。

 

f:id:MichiyoIkeda:20200101220559j:plain


あまりギリギリに行くと座る場所もなくなりそうだということで早めに到着しましたが、待っている間は暇なので、空を見上げてヤシの木越しに星の写真を撮ってみたりして過ごしました。

f:id:MichiyoIkeda:20200101220410j:plain



午前0時になるとHappy new year!! という歓声があがり、同時に花火が始まりました。

f:id:MichiyoIkeda:20200101220715j:plain



花火を楽しんだ後、まっすぐ家に帰ろうと思っていたのですが、予定を変えて1日の昼間に行くつもりだった初詣にそのまま行くことにしました。

 

 

行き先はハワイ出雲大社です。

 

 

テレビ番組の影響で今では日本でも有名になったハワイ出雲大社ですが、夫は50年以上ハワイに住んでいて近くを何度も通っていながら、ダウンタウンに神社があるということさえ知りませんでした。

 

 

参拝の仕方はもちろんですが、初詣とは、というところから、私の知識も怪しいですがなんとか説明しました。

 

 

 

なぜ昼間に行くつもりだったのに予定を急遽変えたかというと、私が夫に、日本の初詣は年が明ける前から人が集まっているから、ハワイ出雲大社にも今の時点(その時点で1月1日になったばかり)でも、絶対たくさん人が来てるはず、という話をしたら、こんな夜中に神社に人がいるはずはない、と全く信じないので(笑)、だったら行ってみようということになりました。

 

 

 

f:id:MichiyoIkeda:20200101221134j:plain

 

f:id:MichiyoIkeda:20200101231034j:plain

 

日本の大晦日から元旦にかけてほどの人の多さではなかったですが、それでもやっぱりたくさんの方がいらっしゃいました。

 

 

ネットで調べた時に、ハワイ出雲大社のお守りは、日本でも御祈祷されてハワイについてからも御祈祷されるので二倍のご利益があるというのを読んだことがあり、夫にもそれを話して一つずつ選びました。

 

 

 

夫が最近少し体調を崩していて、今は良くなったのですが、夫には健康で長生きしてほしい、今の生活が長く続いてほしいという思いを新たにして、午前2時過ぎ、ようやく家路につきました。

 

 

 

ブログを読んでくださっている皆様にとっても、2020年が健康で幸せな年になりますように。

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村