再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

死別後、配偶者の家族との関係。新しいパートナーを見つけることや再婚は亡き配偶者への裏切り?

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。40歳の時に夫を突然亡くして6年が過ぎました。その後、ハワイで日系人の夫と再婚し、その生活も一年が経ちました。

 

  

今回は死別後の亡夫の家族との関係について。私の場合、亡夫のご両親とはもともとあまり仲が良くありませんでした。私たちには子供がいなかったため、夫が亡くなったら、ご両親にも相続の権利があって(例外はあるかもしれませんが、子供がいれば配偶者と子供に相続されます)、相続のことでかなり揉めたり(私の両親も巻き込んだ壮絶なものでした・・・)、お墓のことでなかなか折り合いがつかなかったりで、かなり関係が悪化しました。

 

 

相続で揉めるなんて、自分には関係ない世界だと思ってたのに、遺産相続の話が片付いた後は全く交流がなくなってしまいました。でも、誤解を恐れずに書くと、交流がなくなったことが返って良かったと今は思います。もしも亡夫の家族との関係が良好だったら、新しい出会い、ましてや再婚に踏み切るなんてなかなかできなかったと思うからです。

 

もしも近くに配偶者との死別を経験した人がいたら、私は新しい人生のことも考えていいんだよ、と声をかけたいです。もちろん無理に恋をしろとか、再婚しろなんて言いません。

 

亡くなった配偶者しか愛せないと思うなら、それは本当に素敵なことだと思います。でも時間が経って、なんとなくその気持ちに変化が出てきたり、パートナーが欲しいと思ったりしたら、その気持ちを肯定してあげてほしいです。亡くなった配偶者への裏切りだなんて思わないでほしいです。

 

だって、その気持ちが持てるようになるまでどん底で苦しんできたんですから。自分を大切にしてくれる、この世にいる誰かを愛したい、ぬくもりを感じたいと思えるようになったのは、地面よりずっとずっと下のどん底から、ようやく地面より少し下くらいまで這い出して、やっともうすぐ地上が見えるところぐらいまでたどりついたのです。そこまで頑張った自分のことを許してあげてほしいと思います。

 

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

これからも、死別経験者として、その後の再婚経験者として、国際結婚経験者として、海外移住経験者として、ハワイ生活者として。。。など、配偶者と死別してどん底の悲しみの中でもがいている人だったり、どこかに共通点があったり、そんな方たちに、ああ、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたらいいなと思ってブログを書いていこうと思います。

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村