再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

死別直後の悩み・・・お墓をどこに建てたらいいの?

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。40歳で夫と死別し、その後ハワイ生まれハワイ育ちの日系人の今の夫と再婚してハワイに移住し一年が経ちました。

 

今回は前の夫を亡くした後、とても悩み、夫の両親との折り合いをつけるのに苦労した、お墓をどうするか、納骨をいつするかということについて私が選んだやり方を数回に分けて書いてみたいと思います。

(ハワイ生活とか新しい出会いの話になかなかたどり着けず、なんだか重いテーマが続きますが、私の選択してきたことをゆっくりと書いていけたらと思います)

 

結論から言うと、私は夫と暮らした街が見渡せる場所に永代供養の霊園を見つけたので、そこにお墓を建てました。遺骨は分骨して夫が育った街に両親が建てたお墓と、私の建てたお墓の両方に納骨をしました。

 

まず亡夫のご両親との間で問題になったのがお墓を建てる場所について。

 

前提として、私と亡夫が暮らしていたのは関東で私の実家は関西です。夫が生まれ育ち、今もご両親が暮らしている場所は関東ですが、私たち夫婦が暮らしていた家からは距離があり、東京からの交通の便もあまりよくないところです。

 

亡夫は私たち夫婦が暮らした街や家をとても好きでした。なので私は迷いなく、その町の近くにお墓を建てたいと思いました。でもご両親は夫の実家の近くに夫のお墓を建てたいと言いました。先祖代々のお墓もあるらしいのですが、宗教が違うとかで、夫のお墓を建てて、ご両親もそのお墓に入る、とのことでした。私の見つけた霊園までお墓参りをするのは遠すぎる、ともおっしゃっていました。

 

以前のブログにも書いたのですが、私たち夫婦には子供がいなかったので、夫のご両親にも相続の権利があり、相続のことで揉めたため、お墓の話をする時点ですでに、かなり関係が悪化している状況でした。

 

そんな中で私としてもご両親の住むところまで何度もお墓参りに通うのは難しい(不可能ではないけど。。。正直いやだ。。。)と思いました。

 

色々と調べ、考えて私が出した結論は、遺骨を分骨してどちらのお墓にも納骨するという選択でした。

 

次回は分骨への葛藤について書きたいと思います。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村