再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

言葉の選び方「怖い」「嫌い」

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

ハワイに来る前から私がお世話になっているハワイ在住の女性と久しぶりに会えることになり、思い出したことがあります。

 

 

 

その女性から、使わないようにした方がいい言葉があるということを教わって、その後、なるべく使わないようにしている言葉についてです。

 

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

www.michiyo-hawaii-saikon.com

 

 

教わったと言っても私が直接言われたわけではなく、複数の人たちとの会話の中で私がその女性から学んだことです。

 

 

一つ目は、良いことなのに「こわい」と言うこと。

 

 

良い偶然が重なった時や、不思議な縁があったときなど、本当は喜ぶべきことなのに、その偶然の出来事に対して思わず「怖!」と言ってしまうのが癖の人がいました。仕事柄、その方は日本人の女性にアドバイスをしないといけない立場の人だったので、「怖!」と言いそうになったら、「すごい」とか「不思議だね」という言葉を選ぶ方がいいと言われていました。私はそれを聞いて、なるほどなと思いました。同じ気持ちを表すのでも、言葉の選び方で確かにずいぶん印象が違うなと思ったのです。

 

 

 

もう一つは「嫌い」という言葉です。

 

 

この言葉は、よっぽどの時以外は使わない方がいいそうで、私もなるべく使わないようにしています。

 

 

難しいことではなくて、代わりに「苦手」とか「あんまり好きじゃない」などの言葉を使うだけです。

 

 

 

「嫌い」という言葉を多用すると、周りの人から「自分も簡単に嫌われそう」と思われてしまうのだそうです。

 

 

この記事を書く前に少し調べたのですが、「嫌い」という言葉を頻繁に使う人は恋愛運が下がってしまうという記事もありました。

 

 

「嫌い」なものを「嫌い」と言うのは、見方を変えれば正直とも言えますが、確かにあまり使いすぎると、人からは距離を感じられてしまうのかもしれません。

 

 

ふと思い出したので書いてみました。ご参考まで。

 

 

 

 

↓ もしよろしければクリックお願いします。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村