再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

時間グスリ

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

初めてハワイを訪れたのは四年前の四月でした。その旅で今の夫と出会い、日本語のできない夫に私が初めて教えた日本語は「ヨダレカケ」でした。

 

当時、親友が初めての赤ちゃんを妊娠していて、出産予定日間近だったので、お土産はハワイっぽいベビー服とスタイ(よだれかけ)にすると旅行前から決めていて、夫はお土産選びに付き合ってくれました。

 

 

その友人は元気な女の子を出産し、その後二人目もできて、先日、一人目の子の四歳の誕生日だったと言って、二人の写真を送ってきてくれました。

 

 

妹ができたせいもあるのか、すっかりお姉さんっぽくなった一人目の女の子の写真を見て、もう四年、という気持ちと、まだ四年、という気持ちが入り混じりました。

 

 

四年前、初めてハワイを訪れる前の私は、まだ死別の苦しみから抜け切れずにいて、その友人に寄りかかってばかりいました。

 

 

以前も書いたことがありますが、前の夫を亡くしてから、時間グスリという言葉を聞くのも嫌でした。そんな薬が効くまで耐えられないと思っていたからです。

 

 

今でも、大切な人を亡くした人に対して、「時間が解決してくれる」という言葉をかけるのは、励ましにならないような気がしてしまいます。

 

 

時間が解決するなんて、そんなことは本人が一番わかっている、でもつらくてどうしようもないのに。

 

 

そう思ってしまうのです。

 

 

今、自分を振り返って思うのは、泣いていても笑っていても、やっぱり時間は間違いなく過ぎていくということです。

 

 

だから、今は泣いていてもいいと思います。

 

泣いているのがつらくて、何か行動しないといてもたってもいられないなら、外に出て気晴らししてもいいし、気晴らしする気力さえなければ、じっとしていたっていい。

 

 

私の場合は、何もする気力がない時間を過ごし、何もしないのがつらくなって行動して、疲れて休んで、寂しくなって泣いて、周りの人に頼って、それもつらくなってまた行動して、と繰り返し、時間をやり過ごしていた気がします。

 

 

それが良かったのかどうかなんて今も分かりません。

 

 

ただ、その時はそうするしかなかったのです。

 

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ
にほんブログ村

 

  
再婚ランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村