再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

亡き人のことを考える時間が減っていくということ。

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

亡くなった人のことを考える時間が減ることを「自分は冷たい」と思ってしまう人もいるような気がします。

 

 

私もそうです。

 

 

私がこのブログを書き始めたのは、パートナーと死別した人はもちろん、色々なことで一歩前に進めない人に、こんな人もいるんだと何か感じてもらいたいと思ったからでした。

 

 

でもそれだけではなく、亡くなった前の夫のことやその時自分が感じたことを忘れないように書きとどめていこうという気持ちもありました。

 

 

前の夫の生きた証を残したいというか・・・。

 

 

 

前の夫にとって生涯で唯一の妻だった私に、何かできることがあるかもしれないという思いかもしれません。

 

 

でも最近ふと思うことがあります。

 

 

生まれたことが、すでにその人の生きた証であって、誰かが必死に亡くなった人の生きた証を残そうとするようなことではないのかもしれない。

 

 

 

結局それは亡くなった人のためではなくて、自分のためなのかもしれない。

 

 

亡くなった人のことを思い出す時間が短くなることは寂しいことではありますが、人は「忘れていく」ということで最愛の人を亡くしたり、辛い思いをした自分の精神状態を正常に戻していくのかもしれません。

 

 

そうでないと悲しすぎて生きていけないから、人間はつらいことを忘れていくようにできているのだと思います。

 

 

 

だから、亡き人のことを考えない時間が増えることは悪いことではないと、最近思うようになりました。

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

  

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村