再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいなと思い、私の経験や日々感じたことをブログに残していこうと思います

年齢や人目が気になる

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

 

 

お問い合わせ欄からメッセージいただいた中で、新しいパートナーがほしいと思っても、年齢のこともあって人目が気になって行動に移せないという方がいらっしゃいました。

 

 

たしかに私も特に日本に住んでいるときは年齢のことを今よりも気にしていたように思います。

 

 

若い頃、上の人から経験不足のためにできないことを指摘された時、若すぎるから今の私ではだめなんだ、と落ち込んだことがあるのを覚えています。

 

 

そして気づいたら、同年代や年下の友人や知人が、もうこんな歳だから、と、年齢を理由に行動を起こすのをためらっている姿を見るようになりました。そして、自分も同じようにふるまわないと「変な人」と思われるんじゃないかと周りに合わせるようになっていきました。

 

 

恋愛や結婚だけでなく、夢や目標、趣味など、どんなことでも、行動する適齢期なんて考え始めたら、何もできないんじゃないかというぐらい、ちょうどいい年齢がいつなのか、いつだったのか、いまだによく分からないのです。

 

 

一方で、年齢が上だからという理由で、年下の人たちの意見を封じ込めたり、好き勝手するというのは違うとも思います。譲るところはタイミングを見て譲っていく必要がある場合も多いと思っています。

 

 

そういう意味では人の意見や社会的な役割を気にしないといけないこともあると思いますが、人に迷惑をかけるわけではないのに、人目や年齢を気にして「自分で」限界を決めてしまうことも少なくないのではないかと思うのです。

 

 

とは言っても、やりたいことをやりたいと思った時に行動に移していくのはなかなか難しいことだとも思います。

 

 

私自身、やっぱり人目は気になります。

 

 

人目をまったく気にしないというのは難しくても、人は色んなことを言うものだと割り切って、やらなかったことへの後悔がなるべく少ないように、生きていければいいなと考えるようになりました。

 

 

そう考えたら、限られた人生の中で、年齢を気にしている時間なんてないなとも思うのです。

 

 

 

 

 

↓もしよろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 

  

再婚ランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村